漢方薬

紫雲膏(しうんこう)について

既にご使用の方も多いと思いますが、 漢方製剤に、「紫雲膏(しうんこう)」という外用薬(塗り薬)があります。 江戸時代の名医・華岡青洲(はなおかせいしゅう)が創製した軟膏です。 華岡青洲は、有吉佐和子原作の小説『華岡青洲の…

花粉症と漢方薬

花粉症と漢方薬
  そろそろ辛い花粉症の季節が近づいて参りました。 花粉症の季節でも何ともない方もおられます。   花粉症になりやすい人の体質 アレルギーがないからとお思いの方も多いかと思いますが、ただそれだけではな…

亀齢堂の漢方相談について

亀齢堂の漢方相談について
当薬局では現代医学も学んだ薬剤師として、 漢方的診断法だけに頼らず、現代の診断方法も参考にしております。 漢方相談にお越しの際、病院の検診結果などをお持ちの方は、ご持参くださいますようお願いしております。 当薬局は日本に…

漢方薬の剤形について

漢方薬の剤形について
漢方薬は主に「湯(とう)」「散(さん)」「丸(がん)」という3つの剤形(薬の形)があり、そしてそれがお薬の名称(処方名)にもなっています。 一番多いのは「葛根湯(かっこんとう)」など「湯」のつくもので、水で煮出してつくる…

漢方薬の「効き目」のお話し

漢方薬の「効き目」のお話し
  漢方薬では、「湯(とう)」「散(さん)」「丸(がん)」という3つの剤形(薬の形)がよく用いられます。 「湯」は、煎じ薬のこと 生薬の成分をお湯で煮だして用います。 代表的なものには、 「葛根湯(かっこんとう…